DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   
<TVゲーム ニュース>
第2回東京国際CG映像祭(TIGRAF)
(主催:財団法人東京国際映像文化振興会)
2003年11月4日(火)〜7日(金)
東京・六本木 アカデミーヒルズ 「六本木フォーラムタワーホール」にて
1page 2page 3page

  
第2回東京国際CG映像祭(TIGRAF)
2003年11月5日(水) ワールド特集
開場 12:40 開演 13:00 -16:00
「ケイナ・プレゼンテーション」180分 
(映画とゲームの両方に関わったスタッフによるディスカッション)
映画/マーク・デュ・ポンタヴィス(Marc du Pontavice 『ケイナ』プロデューサー)
映画/クリス・デラポート(Chris Delaporte 『ケイナ』監督兼共同脚本)
TVゲーム/野口伸二(Shinji Nogushi 株式会社ナムコ CTカンパニー プロデューサー)
モデレーター/杉山知之(Tomoyuki Sugiyama)
マーク・デュ・ポンタヴィス(Marc du Pontavice 『ケイナ』プロデューサー)
ジラム・アニメーション代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)、SPFAヴァイス・プレジデント。

クリス・デラポート(Chris Delaporte 『ケイナ』監督兼共同脚本)
画家であり、H.R.ギーガー、大友克洋、宮崎駿の大ファンでもある。1995年、パトリック・デーハーと共に『ケイナ』のデザインに着手し、『ケイナ』の脚本も共同執筆した。

野口伸二(Shinji Nogushi 株式会社ナムコ CTカンパニー プロデューサー)
ディレクター、制作管理、プロデューサーとして、業務用ゲームから家庭用ゲームまで10数種類の製品に幅広く参加。ここ数年のうちではRPGゲームを中心として、プレイステーション用「テイルズ オブ ファンタジア」、ゲームボーイ用「テイルズ オブ ファンタジア〜なりきりダンジョン〜」、2003年年末発売の任天堂ゲームキューブ用「バテン・カイトス」、そしてプレイステーション2用「ケイナ」にたずさわっている。

モデレーター/杉山知之(Tomoyuki Sugiyama デジタルハリウッド 代表取締役兼学校長)
1994年10月デジタルハリウッドを設立し、デジタルクリエイターの育成、インターネットビジネスの発展に専念。 2000年、99年度デジタルメディア協会AMDアワード・功労賞受賞。
 
『ケイナ』PlayStation2用TVゲーム
フランスの気鋭クリエイター達の技術を集結させ作り上げられた『ケイナ』は、洗練されたキャラクターと独自の世界観を演出したストーリーで展開する今までにないアクションアドベンチャーゲーム。
主人公「ケイナ」は行く手を阻む「クリーチャー」との戦闘や数多くの謎を解き明かしながら、世界の破滅の危機を救うため旅をしていきます。
『ケイナ』の最大の特徴は映画とゲームのコラボレーションの実現です。全編フルCGの圧倒的な迫力の映画『ケイナ』は、海外で公開され、日本でもゲームと同時期の来春に堂々公開されます。
映画とゲームの同一スタッフでの制作は、ゲームに映画さながらの演出が加わり、まるで映画の世界に身をおいているかのような、圧倒的な映像クオリティを生み出しました。
(画面は開発中のものです。)
●公式サイトhttp://www.namco-ch.net/kaena/index.html
発売日: 2004年春
価格: 未定
ジャンル: アクションアドベンチャーゲーム
その他の仕様: デュアルショック2対応 “PlayStation2"専用メモリーカード対応(120KB以上)
著作権表記: (c)2003 Namco/Xilam Multimedia,All right reserved.
  
(写真をクリックすると拡大します)
   
 
第2回東京国際CG映像祭(TIGRAF)
2003年11月5日(水) ワールド特集
開場 16:10 開演 16:30 -18:30
「PDI/DREAMWORKS プレゼンテーション」
リチャード・チャン(Richard Chuang PDI/ドリームワークス共同設立者)
「RHYTHM & HUES プレゼンテーション」
ジョン・ヒューズ(John Hughes リズム & ヒューズ社長・創業者)
 
「PDI/DREAMWORKS プレゼンテーション」
リチャード・チャン(Richard Chuang PDI/ドリームワークス共同設立者)
リチャード・チャン氏は、PDI/ドリームワークスの共同設立者として、設立当初から同社独自のアニメーションシステムの構築にたずさわり、1997年のアカデミー技術賞を受賞した他、数多くのCMや実写映画でも使用され、映画『アンツ』と『シュレック』では全編にわたって使われている。チャン氏はこれら2本の映画で特別プロジェクトのバイス・プレジデントを務めた。最新作はVFXスーパーバイザーを務めた『エボリューション』(アイバン・ライトマン監督)。PDI/ドリームワークの『バガー・ヴァンスの伝説』『スーパーノヴァ』『恋は嵐のように』の制作にも参加。ワーナーの超大作『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』では、主人公のCG作成チームを指揮。『バットマン・フォーエバー』で見せた先駆的なCGキャラクターワークをさらに進化させた。『アウト・オブ・タウナーズ』『シンプル・ウィッシュ』『アライバル/侵略者』の製作にも関わった。
(写真をクリックすると拡大します)
 
  
「RHYTHM & HUES プレゼンテーション」
ジョン・ヒューズ(John Hughes リズム & ヒューズ社長・創業者)
ジョン・ヒューズ氏は、リズム & ヒューズ・スタジオ(Rhythm & Hues Studios)の創業者にして社長。エンターテイメント及び広告におけるキャラクターアニアニメーションとビジュアルエフェクトをリードするプロデューサーでもあり、最高レベルの芸術性と卓越した技術を生み出すために、協力的・支援的な制作環境を提供することに惜しみない努力を注いでいる。
CGIの急成長を予見したヒューズ氏は、元エイブル社社員数名と共に1987年、リズム&ヒューズを設立。同社が開発した自社ソフトが進化するにつれ、キャラクターアニメーションやビジュアルエフェクトでのフォトリアリスティックな表現と様式化された表現の両方において高いレベルの業界スタンダードを構築した。1995年、『ベイブ』でアカデミー賞視覚効果賞を受賞したことをきっかけに、同スタジオは一気に注目を浴びることとなった。同社の新作には「X-MEN 2」、「デアデビル」、「スク−ビー・ドゥー」、「ハットしてキャット」、「ガーフィールド」、「スク−ビー・ドゥー2」などがある。
(写真をクリックすると拡大します)
   
 
第2回東京国際CG映像祭(TIGRAF)
2003年11月5日(水) ワールド特集
開場 18:40 開演 19:00 -21:00
「スペシャル・シンポジウム1 世界の最新CG映像の動向」120分
マーク・デュ・ポンタヴィス(Marc du Pontavice 『ケイナ』プロデューサー)
クリス・デラポート(Chris Delaporte 『ケイナ』監督兼共同脚本)
リチャード・チャン(Richard Chuang PDI/ドリームワークス共同設立者)
ジョン・ヒューズ(John Hughes リズム & ヒューズ社長/創業者)
ジム・モリス(im Morris ルーカスデジタル社長/ILMゼネラルマネージャー)
モデレーター/河原 敏文(Toshifumi Kawahara TIGRAF ゼネラルプロデューサー)
(写真をクリックすると拡大します)
 
1page 2page 3page
  
<記事の関連ウェブサイト>
DVD映画ポータル/第1回東京国際CG映像祭(TIGRAF)開催
2002/10/28(月)〜30(水)東京・有楽町 読売ホールにて
DVD映画ポータル/シーグラフ東京/フォーラム2001基調講演
「ファイナルファンタジー」のメイキングについて
Square USA Movie Compositing Supervisor ジェームス・ロジャース氏
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。