DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   
<TVゲーム ニュース>
株式会社ナムコ
〜生誕25周年の今年、“最も成功した業務用ゲーム機”に認定〜
業務用ビデオゲーム機「パックマン」がギネスブック入り
(2005年5月19日 株式会社ナムコ発表
 
パックマン株式会社ナムコが1980年に発売した業務用ゲーム機「パックマン」が、 “最も成功した業務用ゲーム機(Most successful coin operated game)”としてギネス・ワールド・レコード社より認定を受けました。
「パックマン」は、業務用ビデオゲーム機として1980年から1987年の約7年間にわたって、293,822台を販売(ロイヤリティー含む)。この驚異的な販売台数が、業務用ゲーム機分野で世界一であると正式に認められました。2005年秋発売の「ギネス・ワールド・レコーズ(Guinness World Records)2006年度版」から掲載されます。
  
また、「パックマン」は2005年5月22日で生誕25周年を迎えます。「パックマン」の人気が高い米国では、これを記念して今夏にプレイステーション2、Xbox、ニンテンドーゲームキューブ、プレイステーションポータブルの4機種向けに「パックマンワールド3」を発売する予定です。
 
「パックマン」とは
1980年5月のロケーションテスト(店舗における発売前のテスト設置)を経て、同年7月に正式に発売した業務用ビデオゲームです。ステージにちりばめられたクッキーをゴーストの追跡をかわしながら食べ尽くせばステージクリアとなるこのゲームは、パクパクと食べる愛らしいアクションと電子音に、当時としては珍しい個性派キャラクター。そして何よりも、パワークッキーを食べれば、立場が一転してゴーストを捕まえることが出来るという一発逆転のゲーム性により、多くのお客様から支持を得ることができました。
また、1980年10月には海を渡り米国に進出。その人気は日本国内をはるかに上回り、ゲームの枠を超え、アニメ化、CD化、キャラクターグッズといった400種類以上ものライセンス商品が発売されるなど、エポックメーキングな作品として扱われました。その後もワールドワイドで様々な形でシリーズ化され、業務用ゲームのほかにも家庭用ゲーム機や携帯電話用ゲームなどにも移植。その人気は、「パックマン」生誕から25年経った今でも続いています。
  
「パックマン」企画者 岩谷徹コメント
権威あるギネスブックに記録として残ること、大変喜ばしいと思うとともに、プレイして下さった世界の人たちに感謝したいと思います。コンセプトは「女性」をターゲットに、「食べる」という動詞をキーワードに企画しました。丸いピザの一片を取って、パックマンキャラクターを思いつきました。また、開発や販売などに携わった多くの皆さんのおかげで製品になったと思っております。この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。
今後もナムコではエンターテインメント企業として、各種のオリジナル・エンターテインメントコンテンツを開発し、エポックメーキングとなる新しい遊びの世界を提案します。
※記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
  
●株式会社ナムコ 公式サイトはこちら http://www.namco.co.jp/
  
           
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。