DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   

2003年7月5日公開の映画 作品一覧
「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌(レクイエム)」「さよなら、クロ」「デッドコースター」

バトル・ロワイアルII 〜鎮魂歌(レクイエム)〜
2003/日本/東映
上映時間2時間13分
<R15指定>
監督/深作欣二・深作健太
出演/藤原竜也、前田愛、忍成修吾、酒井彩名、ビートたけし、前田亜季、竹内力
2000年12月16日、映画「バトル・ロワイアル」公開2000年12月16日、二十世紀末、社会現象を巻き起こし、空前の大ヒット作となった映画「バトル・ロワイアル」公開された。中学生による殺人ゲームという内容が国会議員を巻き込む大論争となったが、作品に共感し熱狂した10代〜20代前半の若者は、そこに描かれた“42人の生と友情、そして死・・・彼らの青春群像”を支持した。
動員215万人、興収31億円、VHS、DVDのセル&レンタルの合計本数29万本以上(特別篇含む)を記録、レンタルショップではいまだ好回転を続け、公開から2年経ても今なお衰えることのない人気を誇る「バトル・ロワイアル」。
2002年7月。次回作の企画の中から「もう一度子供たちと一緒にやりたい」という深作欣二監督の強い希望の元、「BRII」が決定。プロ&アマ総勢6000人もの応募が殺到し、オーディションが開始された。前作に引き続き脚本&プロデューサーの長男・健太氏は、全てのオーディションに立会い、常に欣二監督の側で支えとなり製作に向け準備を進めた。
9月25日、「バトル・ロワイアルII」企画会見が行なわれ、その席上で深作欣二監督は自ら骨ガンであること、それでもBRIIを撮りたいという決意を表明。オーディションを勝ち抜いた生徒役42名とテロリスト役のキャストは2か月に及ぶ過酷な訓練とリハーサルを経て、2002年12月16日、クランクイン。その直後容態が急変した欣二監督に代わり、健太氏が監督代行を務めていたが、2003年1月12日、深作欣二監督が永眠。
2003年1月18日、深作健太新監督の元、撮影が再開された。“ヴァイオレンス映画”の巨匠・深作欣二が、渾身の思いで「バトル・ロワイアルII」の製作に注いだ力は、深作健太監督と深作組スタッフ&キャストにしっかりと引き継がれ、新生・深作組が誕生した。
キャストには、前回BRを生き抜いた主人公・七原秋也役に藤原竜也。同じく前回生き残った中川典子役に前田亜季、鹿之砦中学3年B組42人の生徒役には忍成修吾、酒井彩名、末永遥、神戸みゆき、勝地 涼、柴木丈瑠、そして教師キタノの娘・シオリ役で前回声のみの出演だった前田 愛がBRII唯一の参加志願者、キタノシオリ役で出演。七原と行動を共にする反BR組織ワイルドセブンのメンバーには石垣佑磨、加藤夏希らフレッシュな顔ぶれが揃い、BRIIへの参加を指揮する教師役に、「今回の教師役には彼しかいない」という欣二監督の選択で、竹内 力が演じる。その他、千葉真一、津川雅彦、三田佳子、そしてビートたけしが出演し、作品に厚みを加えている。東京大泉撮影所で始まり、長崎、高崎ロケを中心に4ヶ月に及んだ撮影も4月11日に無事クランクアップした。
オフィシャルWEBSITE

深作欣二監督「バトル・ロワイアル」関連の取材記事
深作欣二監督
◆2000/10/30 シアターコクーンにて「バトル・ロワイアル」 舞台挨拶 ◆2001/4/7 丸の内東映にて「バトル・ロワイアル 特別篇」 初日舞台挨拶 ◆2001/3/29 丸の内東映にて「バトル・ロワイアル 特別篇」 緊急試写会(3月に中学を卒業したばかりの”15歳”のファン達と深作監督の懇談会)
  
さよなら、クロ
2003/日本/シネカノン
上映時間1時間40分

監督/松岡錠司
出演/妻夫木聡、伊藤歩、新井浩文、金井勇太、佐藤隆太、近藤公園、三輪明日美、田辺誠一、塩見三省、余貴美子、柄本明、渡辺美佐子、井川比佐志
ある日、さまよいついた野良犬がそのまま学校に住み着き、クロと名付けられ12年間の生涯を学校で過ごした。校内を自由に闊歩し、守衛さんの夜警に付き添い、時には職員会議にまで参加し、職員名簿にも番犬として記載されたクロ。彼女の死が伝わると何千人という人々が集い、学校葬として校長が弔辞をよんだ。4800人の青春を共に生きた一匹の犬とその存在に勇気づけられ、励まされた生徒や職員たちとの心の交流を暖かく描いた感動作。
1961年から長野県の松本深志高校に実在したクロの物語を「バタアシ金魚」「トイレの花子さん」の松岡錠司が監督、カメラは「KT」の笠松則通、ふたりがタッグを組んで、実際にクロがいた松本深志高校を舞台に挑み、郷愁を感じさせる風光明媚な景色,澄んだ空気感と愛くるしいクロの魅力をスクリーンいっぱいに描いた。
オフィシャルWEBSITE
  
デッドコースター
FINAL DESTINATION 2
2003/アメリカ/ギャガ=ヒューマックス
上映時間1時間30分
<R15指定>
監督/デヴィッド・エリス
出演/A・J・クック、アリ・ラーター、トニー・トッド、マイケル・ランデス
友人と旅行に出かけたキンバリー(A・J・クック)は、自分の運転する車がハイウェイに入る寸前に、大事故の予知夢を見る。それは、崩れたトラックの積荷が後続車の運転席に突っ込み、それを避けた車がタンクローリーに激突して大爆発を起こし、さらに他の車が次々に爆発・炎上を繰り返すという凄惨な連鎖事故だった。そして、逆さになったキンバリー自身の車にも、火の玉になったトラックが迫ってくる。「これから大事故が起きる!」我に返ったキンバリーは、ハイウェイへの入口を自分の車で封鎖する。そして、キンバリーと予知夢の中で死ぬ予定だった7人の目の前で事故は起こった。 間一髪で事故を免れたものの、その後も嫌な予感の収まらないキンバリーは、これで事件は終わらない事を主張する。しかし、事故からの生存者の中で、その話に耳をかしたのは、事故現場で彼女を助けた警官トーマス(マイケル・ランデス)だけだった。その後、事故の生存者のうちの一人が不可解な"突然死"を遂げたことから、事故の生存者に次々と死が迫っていることを確信したキンバリーとトーマスは、他の生存者たちと協力して生き残る方法を探し始めるが、彼らは次々と壮絶な死に見舞われていく・・・
オフィシャルWEBSITE
  
 
DVD・テレビゲームのご購入はマジックユーザーへ 
マジックユーザーは「DVD映画ポータル」のオフィシャルショップです。
  
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。