DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   
釣りバカ日誌15
ハマちゃんに明日はない!?

2004年8月21日公開
上映時間
2004/日本/松竹
(監督)朝原雄三
来た、来た、来たぁ! “バカ”が輝く夏が来た!
(写真をクリックすると拡大します)
 
今年も爽やかな風と共に「釣りバカ日誌」の季節がやってきました!
世間では、相変わらずの不況、続発するテロや戦争など、暗いニュースが続いています。そんな不安を吹き飛ばし、毎日の生活に元気をくれる心のビタミン剤「釣りバカ日誌」が、明るく楽しい笑いを皆様にお届けします!
今回のロケ地は秋田県。みちのくの小京都・角館や釣りの名所・男鹿半島、美しい田沢湖、西木村、秋田市内を舞台に、おなじみハマちゃん&スーさんのゴールデン・コンビが大騒動を繰り広げます!
釣りバカ特製扇子付き前売鑑賞券、1000円にて絶賛発売中!
STAFF
原作 作・やまさき十三 
画・北見けんいち(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
脚本 山田洋次
朝原雄三
監督 朝原雄三
企画協力/日本映像(株)   協力/小学館
 
(出演)
西田敏行 三国連太郎
江角マキコ 浅田美代子
谷 啓 筧 利夫 

(監督の言葉)
柄にもなく『負け犬組』なんて流行り言葉をせりふの中に使ってみました。
こうあっけらかんと率直な物の言い方が平気で通用してしまうというのは世の中の進歩なのでしょうか、保守化なのでしょうか。
生き方の選択肢が増えること自体はまちがいなく良い事のはずなのですが、まあおそらく世の中の変化に伴う人類のストレスというのはどうしようもないもので。
それでも今度の「釣りバカ」のテーマは普遍の真理、「世界は女で回っている」です。そこのところよろしく。 (監督/朝原雄三)

「釣りバカ日誌」シリーズのDVDとビデオは、「DVD映画ポータル」のオフィシャルショップ「マジックユーザー」で10%OFFでご購入頂けます。 こちらです!

(ストーリー)
鈴木建設にも時代の波が押し寄せ、ついに人事制度改革に着手することに。経営コンサルタント会社の合田(小木茂光)、薫(江角マキコ)らの「仕事とは別の個人的な好意、ゴルフや釣り等趣味の違いなどが部下の評価や処遇に影響を与えるのは古い企業にありがちな悪しき風習」という説明にギョッとしながらも、社長の一之助(三國連太郎)は、早急な改革が安易なリストラに繋がらないかと不安を覚える。

その頃、伝助(西田敏行)は、新しく課長に就任した舟木(益岡徹)をまんまと言いくるめ、リフレッシュ休暇を取り、秋田への釣り旅行に出かけていた。

男鹿半島で真鯛釣りを楽しんでいた伝助は、水産試験場で働く福本哲夫(筧利夫)と知り合う。お魚を愛する二人はすぐに意気投合、哲夫の実家に招待されることに。途中、思いがけず出会ったのは、秋田に向かう新幹線の中で隣の座席に乗り合わせた美しい女性・薫。薫は哲夫の同級生で、しかも哲夫にとっては初恋の人だった。

哲夫の家で母・信子(吉行和子)を交え楽しい宴会を繰り広げているうちに、伝助は薫が鈴木建設の人事制度改革を担当するコンサルタント会社に勤めている事を知る。薫もまた、伝助のような型破りな人間が一流企業である鈴木建設の社員であることに驚くのだった。

バブルにも負けず、鈴木建設の今があるのは社長である一之助の力が大きいと考えていた薫は、一之助同様、強引な人事制度改革に懐疑的だった。しかし、薫の思いや一之助の意志とは別に、リストラさえも厭わない改革は着々と進みつつあった。

そんなこととはつゆ知らず、秋田から帰っても、配布されたキャリアプランシートに「仕事」ではなく「釣り」の目標を書き、佐々木次長(谷啓)をハラハラさせる伝助。果たして会社一のペケ社員・伝助の運命は・・・!?そして再会した薫と哲夫の仲は・・・!?

  

公開映画館 2004年8月21日(土)より、全国松竹系ロードショー

オフィシャルWEBSITE
http://www.tsuribaka-movie.jp/
  
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。