DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   

千と千尋の神隠し
2001年7月20日公開
上映時間
2001/日/東宝


(製作総指揮)徳間康快
(原作・脚本・監督)宮崎 駿
(作画監督)安藤雅司
(美術監督)武重洋二
(CG)片塰満則
(色彩設計)保田道世
(映像演出)奥井 敦
(プロデューサー)鈴木敏夫
(制作)スタジオジブリ
(音楽)久石 譲
(主題歌、作曲・歌)木村 弓
(主題歌、作詞)覚 和歌子

(声の出演)
柊瑠美(ひいらぎるみ)
内藤剛志(ないとうたかし)
沢口靖子(さわぐちやすこ)
夏木マリ(なつきまり)
菅原文太(すがわらぶんた)
入野自由(いりのみゆう)
我修院達也(がしゅういんたつや)
(c)2001二馬力・TGNDDTM
  

完成報告記者会見&完成披露試写会の模様はこちらからご覧になれます

宮崎駿監督をはじめ、久石譲(音楽)、木村弓(主題歌)
菅原文太(釜爺役)、柊瑠美(千尋役)の皆さんが出席。

 
第52回ベルリン国際映画祭 金熊賞受賞 記者会見」の模様はこちらからご覧になれます
  
宮崎駿監督、 鈴木敏夫プロデューサー(スタジオジブリ)
スティーヴン・アルパート海外事業局長(スタジオジブリ)
  
 ・・・ 宮崎駿監督の最新作 ・・・
主人公の千尋は現代に住む10歳の女の子。両親と一緒に引っ越す途中、不思議な場所に迷い込む。そこは、人間の世界のすぐ傍にありながら、さまざまな神やお化けが棲んでいる世界、『霊々の世界』だった。その世界は、湯バーバという強欲な魔女が支配しており、大人も子供も関係なく、働かない人間は消えるか動物になるしかないという掟があった。その掟を知らずに、美味しそうな料理を食べてしまった千尋の両親は豚の姿にされてしまう。
一人だけ取り残された上、名前まで奪われて「千」と呼ばれるようになった千尋は、生き残るために湯バーバめ下で働き始めた。そして、千尋の「生きる力」は次第に目覚めていくのであった。
  
不思議の町の千尋  監督の言葉 この映画のねらい 宮崎 駿

この作品は、武器を振りまわしたり、超能力の力くらべこそないが、冒険ものがたりともいうべき作品である。冒険とはいっても、正邪の対決が主題ではなく、善人も悪人もみな混ざり合って存在する世の中ともいうべき中へ投げ込まれ、修行し、友愛と献身を学び、知恵を発揮して生還する少女のものがたりになるはずだ。彼女は切り抜け、体をかわし、ひとまずは元の日常に帰って来るのだが、世の中が消滅しないと同じに、それは悪を滅ぼしたからではなく、彼女が生きる力を獲得した結果なのである。


今日、あいまいになってしまった世の中というもの、あいまいなくせに、浸食し喰い尽くそうとする世の中を、ファンタジーの形を借りて、くっきりと描き出すことが、この映画の主要な課題である。

かこわれ、守られ、遠ざけられて、生きることがうすぼんやりにしか感じられない日常の中で、子供達はひよわな自我を肥大化させるしかない。千尋のヒョロヒョロの手足や、簡単にはおもしろがりませんよゥというブチャムクレの表情はその象徴なのだ。けれども、現実がくっきりし、抜きさしならない関係の中で危機に直面した時、本人も気づかなかった適応力や忍耐力が湧き出し、果断な判断力や行動力を発揮する生命を、自分がかかえている事に気づくはずだ。

もっとも、ただパニックって、「ウソーッ」としゃがみこむ人間がほとんどかもしれないが、そういう人々は千尋の出会った状況下では、すぐ消されるか食べられるかしてしまうだろう。千尋が主人公である資格は、実は食い尽くされない力にあるといえる。決して、美少女であったり、類まれな心の持ち主だから主人公になるのではない。その点が、この作品の特長であり、だからまた、10才の女の子達のための映画でもあり得るのである。

言葉は力である。千尋の迷い込んだ世界では、言葉を発することはとり返しのつかない重さを持っている。湯婆婆が支配する湯屋では、「いやだ」「帰りたい」と一言でも口にしたら、魔女はたちまち千尋を放り出し、彼女は何処にも行くあてのないままさまよい消滅するか、ニワトリにされて食われるまで玉子を産みつづけるかの道しかなくなる。逆に「ここで働く」と千尋が言葉を発すれば、魔女といえども無視することができない。今日、言葉はかぎりなく軽く、どうとでも言えるアブクのようなものと受けとられているが、それは現実がうつろになっている反映にすぎない。言葉は力であることは、今も真実である。力のない空虚な言葉が、無意味にあふれているだけなのだ。

名前を奪うという行為は、呼び名を変えるということではなく、相手を完全に支配しようとする方法である。千は、千尋の名を自分自身が忘れていく事に気がつきゾッとする。また、豚舎に両親を訪ねて行くごとに、豚の姿をした両親に平気になっていくのだ。湯婆婆の世間では、常に喰らい尽くされる危機の中に生きなければならない。

困難な世界の中で、千尋はむしろいきいきとしていく。ぶちゃむくれのだるそうなキャラクターは、映画の大団円にはハッとするような魅力的な表情を持つようになるだろう。世の中の本質は、今も少しも変わっていない。言葉は意志であり、自分であり、力なのだということを、この映画は説得力を持って訴えるつもりである。

日本を舞台にするファンタジーを作る意味もまたそこにある。お伽話でも、逃げ口の多い西欧ものにしたくないのである。この映画はよくある異世界ものの一亜流と受けとられそうだが、むしろ、昔話に登場する「雀のお宿」や「鼠の御殿」の直系の子孫と考えたい。パラレルワールド等と言わなくとも、私達のご先祖は雀のお宿でしくじったり、鼠の御殿で宴を楽しんだりして来たのだ。

湯婆婆の棲む世界を、擬洋風にするのは、何処かで見たことがあり、夢だか現実だか定かでなくするためだが、同時に、日本の伝統的意匠が多様なイメージの宝庫だからでもある。民俗的空間―物語、伝承、行事、意匠、神ごとから呪術に至るまで―が、どれほど豊かでユニークであるかは、ただ知られていないだけなのである。カチカチ山や桃太郎は、たしかに説得力を失った。しかし、民話風のチンマリした世界に、伝統的なものをすべて詰め込むのは、いかにも貧弱な発想といわねばならない。子供達はハイテクにかこまれ、うすっぺらな工業製品の中でますます根を失っている。私達がどれほど豊かな伝統を持っているか、伝えなければならない。

伝統的な意匠を、現代に通じる物語に組み込み、色あざやかなモザイクの一片としてはめ込むことで、映画の世界は新鮮な説得力を獲得するのだと思う。それは同時に、私達がこの島国の住人だという事を改めて認識することなのである。

ボーダーレスの時代、よって立つ場所を持たない人間は、もっとも軽んぜられるだろう。場所は過去であり、歴史である。歴史を持たない人間、過去を忘れた民族はまたかげろうのように消えるか、ニワトリになって喰らわれるまで玉子を産みつづけるしかなくなるのだと思う。

観客の10才の女の子達が、本当の自分の願いに出会う作品に、この映画をしたいと思う。
  .  
公開映画館 
オフィシャルWEBSITE
http://toho.co.jp/sentochihiro/
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。