DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   
ミモラ〜心のままに
(原題)HUM DIL DE CHUKE SANAM

2002年4月27日公開
上映時間3時間7分
1999/インド/ギャガ
(写真をクリックすると拡大します)
   
(製作・監督・脚本) サンジャイ・リーラー・バンサーリー
(出 演)
アイシュワリヤー・ラーイ
サルマン・カーン
アジャイ・デーウガン
アイュワリヤー・ラーイ
ヴィクラム・ゴーカレー
レーカー・ラーオ
スミター・ジャイカル
  
(C)

インドで最も権威ある映画賞
「1999年Filmfare Awards フィルムフェア賞」を5部門で受賞!
(作品賞、監督賞、主演女優賞、音楽賞、ベストシンガー賞)
主人公ナンディニの”真実の愛”を歌と踊りで表現豊かに描いたロマン大作。
日印国交樹立50周年記念作品

マサラ・ムービーの最高傑作が遂に日本上陸!
 94年度のミス・ワールドに輝いたアイシュワリヤ・ラーイ主演。今までに観たことのない本物のインド映画、遂に日本上陸。インドのハリウッド映画とも言われるヒンディー映画の本作品は、美しくも哀しい純愛物語を、情熱的な歌と踊りで綴ったロマン大作である。
 ストーリーは、伝統的な家庭に育った美少女、その少女の家にあらわれたインドとイタリアのハーフの青年、両親が少女の結婚相手として選んだ青年弁護士、この3人が西インドとイタリアを舞台に織りなす恋の三角模様。伝統的な価値観と抑えきれない感情との間で揺れ動く主人公ナンディニを演じるアイシュワリヤが、色鮮やかなサリーをまとって歌い踊る姿は、女性であっても思わず息を呑む美しさ。ほか、美男美女のエネルギッシュな歌や踊りが物語をより一層盛り上げる。
 一昨年、インド国内で大ヒットしたことはいうまでもなく、ベルリン国際映画祭でも絶賛され、国境を越えて多くの人々に支持されているこの作品で、あなたもきっと愛の原点を思い出すはず。

少女が心のままに愛した人は・・・
西インドとイタリアを舞台に繰り広げられる3人の恋
 18歳の少女ナンディニは、高名な古典音楽家パンディト・ダルバールの最愛の娘。ナンディニは、ほかの兄弟よりも自由奔放に育てられ、恵まれた教育も受けていた。ある日この一家に、インド音楽を学ぶため、イタリアからサミルという青年がやってくる。最初はサミルへ対抗心を燃やすナンディニだったが、彼の才能、その大らかさに惹かれ、やがて二人は恋におちていった。
 しかし、二人の仲が家族に発覚すると、サミルは破門されイタリアに帰国してしまう。ナンディニは家族が選んだ青年弁護士ヴァンラジとの結婚に応じるしかなかった。夫のヴァンラジは、ナンディニを深く愛したが、ナンディニはサミルのことが忘れられず、ヴァンラジを受け入れることができない。ヴァンラジは、ナンディニのサミルへの思いを知り、二人でイタリアに行ってサミルを捜し出し、ナンディニと再会させることを決意する。幾多の困難に遭遇しつつもナンディニを強く温かく励ますヴァンラジの姿に、徐々に信頼を置くようになったナンディニ。やがてサミルの居場所がわかり、二人はついに再会を果たすことになる。ヴァンラジを残しサミルのもとへ駆け寄るナンディニだったが・・・。
  

サンジャイ・リーラー・バンサーリー(製作・監督・脚本)
1964年インド・ボンベイ生まれ。FTIIで編集を学び、「1942 愛の物語」(93)で音楽を担当し、「Khamoshi」(96)で監督デビューを果たす。生来、音楽への憧景が深く、彼自身が古典舞踊家、音楽製作者としての才能に恵まれており、本作品でもその感性をいきわたらせ、1999年度 Filmfare Awards賞では、作品賞、監督賞を受賞。現在はインド版ロミオとジュリエットともいわれる「Dedas」を製作中。

アイシュワリヤ・ラーイ(ナンディニ役)
1973年11月1日、カルナータカ州マンガロール生まれ。今一番輝いているインドの女優である。インドの女優は太めという従来の概念を飛び越えた元ミス・ワールドは、スーパーモデルばりのルックスで、その魅力は本作品でも余すところなく味わえる。
大学在学中にCMに出演して一躍アイドルとなってからはモデルとして活躍。
94年に南アフリカで開催されたミス・ワールド国際大会で世界一の美の女王に輝いた。この逸材を映画界が放っておくはずがなく、多数のオファーが殺到。その中からデビュー作としてマニラトナム監督の「ザ・デュオ」(97)を選ぶ。だが本当のサクセス・ストーリーは、ハリウッドが資本参加した超大作「ジーンズ 世界は2人のために」(98)のヒロイン大抜擢であろう。インド映画史上最高の製作費500万ドルをかけて世界6カ国でロケを敢行、デジタル技術を駆使したこのエンターテイメント作品はメガヒットを記録した。その後も「さあ今、戻ろう」などヒットを連発。オファーがひっきりなしの売れっ子である。本作品で、1999年度 Filmfare Awards フィルムフェア賞主演女優賞を受賞。

     
公開映画館
オフィシャルWEBSITE
http://www.mimora.jp/
 
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。