DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   





アリーテ姫
(原題)
2001年7月21日公開
上映時間105分

2000/日/オメガ・エンタテインメント


(監督・脚本)片渕須直
(原作)ダイアナ・コールス『アリーテ姫の冒険』
(企画)山下暉人/高野 力/遠谷信幸/田中栄子/横濱豊行
(製作)植田文郎/福井政文/千野毅彦/桜井眞理美/牛山拓二
(プロデューサー)田中栄子
(アソシエイト・プロデューサー)福山亮一
(音楽)千住 明
(主題歌)大貫妙子「金色の翼」
(テーマ曲)オリガ「クラスノ・ソンツェ」
(キャラクターデザイン)森川聡子
(作画監督)尾崎和孝
(美術監督)西田 稔
(CGI監督)笹川恵介
(色彩設定)林亜揮子
(音響監督)早瀬博雪
(編集)瀬山武司

声の出演
桑島法子(アリーテ姫)
小山剛志(ボックス)
高山みなみ(アンプル)
沼田祐介(グロベル)
こおろぎさとみ(魔女)
佐々木優子(ナレーション)
c 2000. アリーテ製作委員会
「自分は、本当は何ができるんだろう?」「どうしてここでこんなことをしているのだろう?」・・・。
誰もが生涯に一度は感じたことのある不安や疑問。でも、『アリーテ姫』を観終わった後には、自分の周りにあるしがらみが一掃されたような気分になる。
アリーテは〈お姫様〉として生まれてきた。与えられた環境に縛られて、自分に自信を持てない中、自分を信じ、励まし、自分の可能性を探して、本当の自分自身を発見していく。主人公のアリーテ姫には“今置かれている環境に不満を持つ等身大の人物=自らの存在意義を見出せずにいる現代人”の孤独感・孤立感を投影させ、従来の“シンデレラ姫”や“白雪姫”のような王子様に助け出されるのをただ待っているだけの受け身のお姫様ではなく、自分の意志で未来を切り開いていく行動的な新しいヒロイン像が誕生した。そこには「誰の手にも、思い描いたことを実現する力があるんだよ」という監督の強いメッセージが込められている。大人から子供まで、自分に迷い、自分にできる何かを探しているすべての世代の人たちに観て欲しい、心の冒険の物語なのだ。
 

物語
時は中世。アリーテ姫は、城の高い塔のてっぺんの小部屋に閉じこもり、その顔を人々の前に見せることはない。やがて婿となる男性の現れる日まで、無垢な身でいつづけることがその使命なのだ。だが、アリーテ姫は、塔の窓から見下ろす城下の町に生きる人々の姿を見ては、生きることの意味を考えていた。ある日、古文書を読み解いて秘密の抜け穴を探り当てた彼女は、城を抜け出し町へ出る。城下町は職人たちの世界。そのひとつひとつの手が意味ある物を生み出して行くさまは、まるで魔法を見るかのよう。人の手にはこれ程の可能性がある。だったら、わたしの手にだって出来る何かが・・・。ある日、魔法使いの城の地下牢に幽閉されたアリーテ姫。果たして彼女は、自分の手で自身を取り返すことができるのだろうか・・・。

   
<キャラクター紹介>
アリーテ姫

何のとりえもない自分だが、人並みに生きる資格があるはず。せめてこの手で出来る何かを見つけだそう。城の姫君でありながら、そう考える彼女は、ひそかに城を抜け出し旅に出る。だが、その旅は長くは続かない。
魔法使いボックス
一千年の昔に滅びたはずの魔法使いのたった一人の生き残り。世界の片隅の魔城で、いつか訪れるであろう同族を永遠に待ち続ける。だが、待ち続けるためには、まずアリーテという名の小娘を始末しなければならない。水晶玉がそう予言したのだ。
魔女
盗まれ失った魔法使いの力の源である水晶玉を探して旅し続け、アリーテ姫の城にやって来る。長い長い人生で心が擦り減っていたが、アリーテの「人生には何か意味がある」という言葉によって自分を見つめ直す。だが、再会したアリーテは魔法にかけられ心を閉ざしていた。魔女は、こっそりと、三つの願いをかなえる金の指輪をアリーテに贈る。
アンプル
魔法使いボックスの城下の村人。村に水をもたらすことと引き換えにボックスに食事を届けるのがq祖母の代からの彼女の仕事。ボックスの会話に上るアリーテに自分に似た何かを感じ、いつか姫君と言葉を交わす機会の訪れを待っている。
グロベル
長く待ち続けるボックスの退屈を紛らすため、話し相手としてカエルから作られた下男。ボックスの手下。再びカエルに戻されることを恐れている。
王様
アリーテ姫の父。王として国民のために国を治める。あらゆることを、すでにあきらめてしまっている。
騎士ダラボア
人々も称える勇敢な騎士にしてアリーテ姫の求婚者のひとり。姫と結婚して国を治めたいという野望を抱き、その権利を得るため魔法の宝(魔法使いの遺物)を探す旅に出る。
  

片渕須直監督
宮崎駿監督の『魔女の宅急便』で演出補の重責を担うなど、彼の直弟子ともいえる片渕須直。実力・可能性ともにアニメ作家としてポスト宮崎駿の呼び声も高い彼が、8年も大事に暖めてきたのがこの『アリーテ姫』(原作:ダイアナ・コールス「アリーテ姫の冒険」〈学陽書房刊〉)である。次々と作品が消費されていく時代で、永遠に人々の記憶に残る作品を創りたい!と構想・脚本を手がけてきた意欲作。これが21世紀を担う実力派・片渕須直監督の劇場用長編アニメ初監督作品となる。


STUDIO4℃
STUDIO4℃といえば『MEMORIES』や『SPRIGGAN』等ジャパニメーションの先駆者ともいえる個性的なクリエイター集団。しかし、本作品は、キャラクターや背景に独特の手触りを感じさせる暖かなテイスト。派手な戦闘シーンなどがあるアクションものではないが、アニメ界の精鋭がこの作品に全精神を注ぎ込み、3年以上の歳月をかけるなど、STUDIO4℃ならではのこだわりの表現技術が凝縮されている。
フルデジタルアニメーションによる見事なカメラワークと、繊細な人物描写が織り成すドラマの中に片渕監督、田中プロデューサーの前任地スタジオ・ジブリの香りが感じとれる。また、「今回はデジタル作品であることを極力意識させないよう、手作りのぬくもりを表現することにこだわった。」と、デジタル技術では初めて可能になった絵画のような微妙な色遣いを積極的に取り入れている。
    
公開映画館 
オフィシャルWEBSITE
http://www.movie-eye.com/arete
 
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。