DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   

東京国際ファンタスティック映画祭2001
「∀ガンダム(ターンエーガンダム) I.地球光」
(Turn A GundamΙEarth-light)

2001年10月29日(月)18:30より、東京・渋谷パンテオン(東急文化会館1F)で開催中の「東京国際ファンタスティック映画祭」において、「∀ガンダム(ターンエーガンダム) I.地球光」が劇場新作アニメとして公開された。「ガンダム」など数々のロボットアニメの傑作を生み出した富野由悠季監督、10年ぶりの映画作品。
『∀ガンダム』は、『I 地球光』と『II 月光蝶』の2部構成(前後編合わせると4時間20分以上の大作)で、この日は『∀ガンダム I 地球光』を上映。 監督と声の出演者(稲田徹、村田秋乃、朴ロ美、高橋理恵子、青羽剛)が舞台挨拶を行った。

(写真をクリックすると拡大します)

『∀ガンダム(ターンエーガンダム)』
I.地球光 II.月光蝶

上映時間128分
2001年/日本/松竹


(原作)矢立 肇 富野由悠季
(製作)吉井孝幸
(企画)内田健二
(プロデューサー)河口佳高、久保 聡
(脚本)星山博之、千葉克彦、高山治朗、浅川美也、高橋哲子、太田 愛、大河内一楼
(キャラクター原案)安田 朗
(メカニカルデザイン)大河原邦男、シド・ミード
(総作画監督)菱沼義仁
(美術監督)池田繁美
(撮影監督)大神洋一
(編集)山森重之
(音楽)菅野よう子
(録音監督)鶴岡陽太
(製作協力)バンダイビジュアル
(企画・製作)サンライズ
全国一斉公開
第一弾興行 公開日
2002年2月9日(土)〜
第二弾興行 公開日
2002年3月2日(土)〜

(サイマルロードショー)
上映劇場にて2作品を日替り上映
「I 地球光」 火・木・土
「II 月光蝶」 月・水・金・日
(声の出演)
ロラン/朴ロ美
キエル&ディアナ/高橋理恵子
ソシエ/村田秋乃
グエン/青羽 剛
キース/福山 潤
フラン/渡辺久美子
ハリー/稲田 徹
フィル/小山剛志
ギンガナム/子安武人
アグリッパ/石丸博也
  
ガンダム映画の最新作が銀幕に登場! 
喜びと癒しをもたらす「現代のおとぎ話」が、ストレスに疲れきった新世紀の人びとに向けて語られようとしている・・・。
1979年、TVシリーズの1本のアニメとしてスタートした『機動戦士ガンダム』は、その後22年間の歴史を大きく塗りかえ、そして、2002年。ガンダム・シリーズ生みの親、原作・総監督の富野由悠季が、10年ぶりのガンダム映画によって、未来に向けた新たなチャレンジを開始した!
黒歴史・・・それは、すべての「ガンダムの歴史」のことだ。宇宙世紀に生み出された巨大な人型兵器「モビルスーツ」は、人類に新たな争いをもたらした。その果てに、未曾有の大惨事が地球を襲い、多くの生命が喪われた。人はそれを忘れようと、これら忌まわしい記憶と機械文明を「黒歴史」として封じ込め、再生のときを待った。『∀ガンダム』は、そんな遠い未来を舞台に展開する。
ふたりでひとり、ひとりでふたりの少女、ディアナとキエル。ふたつの世界を見つめ、∀ガンダムに乗って戦う少年、ロラン。主人公たちは、月と地球をめぐりながら、人と生命と長大な時間がつむぎだす大きならせんのようなめぐり合わせに気づいていく。「∀=ターンエー」・・・アルファベット始まりの文字「A」をターンして天地をひっくり返したこのコードには、過去から未来へとつづく作者たちの熱い視線がこもっているのだ。
∀の旗印のもと、強烈なスタッフが集結した。キャラクター原案は『ストリートファイターII』の安田朗、音楽は『カウボーイビバップ』の菅野よう子が担当。そして”ヒゲのガンダム”の愛称で親しまれる∀ガンダムのデザインは、『ブレードランナー』の未来工学デザイナー、シド・ミードが手がけ、ガンダムのイメージを大きく一新した。
映画化にあたっては、TVシリーズ50本を富野由悠季がリミックス。単にあらすじを追うのではなく、作品の根底に流れる魂の輝きを、余すところなくすくいあげるため、絵コンテによる構成検討に1年以上の期間をかけ、新作画も大幅に追加された。音響もドルビーデジタルサラウンドにパワーアップ、∀世界の空気を伝える臨場感を増幅させた。「I地球光」「II月光蝶」と前後編の2部作を日替わりで上映する「サイマル・ロードショー」方式での公開も映画界初の挑戦で、大きな話題のひとつとなる。
≪I 地球光≫
正歴2343年。少年ロラン・セアックは月の世界からひそかに産業革命まっただなかの地球へ降り立つ。彼はそこでさまざまな人々と出会った。アメリア大陸の有力領主であり実業家のグエン・ラインフォード、月の女王ディアナとうり二つの少女キエル・ハイム、その妹ソシエ、飛行機屋のメシェー・・・鉱山で働きながら2年の月日をロランは幸せにすごした。
しかし、彼の故郷である月の軍隊“ディアナカウンター”は地球帰還作戦を開始してしまい、地球の自警軍“ミリシャ”とのあいだで戦争が勃発した。科学力の差でミリシャを圧倒するディアナカウンターだったが、戦闘のさなか“黒歴史”の遺産である∀(ターンエー)ガンダムが目をさました。ガンダムのパイロットとなったロランは地球側にたって故郷の軍隊と戦うことになってしまった。そして両軍一触即発のなか、月の女王ディアナが降下、ディアナはキエルと出会うのだった。
≪II 月光蝶≫
この戦争は裏で混乱を演出する者がいる…。ロラン、グエンたちと共に月へもどった女王ディアナは、地上での戦争の火種が政治家アグリッパ・メンテナーと軍人ギム・ギンガナムによる権力闘争にあったと気づく。暗殺者を送り込んだアグリッパに歴史のあやまちを繰り返すのか、とディアナはつめよる。アグリッパは地球帰還そのものが月の民ムーンレィスの闘争本能を呼び覚ましたと切り返す。彼は閉ざされた社会環境で暮らしてきたムーンレィスが本当の故郷である地球へ帰ることには反対なのだ。地球という本来の環境で呼び覚まされたヒトの闘争本能が、月をも戦乱に巻き込むことを懸念していたのだ。そしてまさにギンガナムは戦争を楽しもうとする人物だった。
戦いを終わらせようとするロランは、最強のモビルスーツ“ターンX”を駆るギンガナムに立ち向い、その戦いは地球まで“月光蝶”となって、おおうのだ。
  
  
第14回東京国際映画祭
http://www.tiff-jp.net
 
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。