DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   

来日記者会見 「パール・ハーバー」

2001年6月20日 パークハイアット東京
ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)、マイケル・ベイ監督、主演のベン・アフレック
(写真をクリックすると拡大します)

パール・ハーバー」 DVDご購入はこちらから
アマゾン 購入画面へ
 

6月20日(水)、新宿・パークハイアット東京にて、「パール・ハーバー」のマイケル・ベイ監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、主演のベン・アフレックによる来日記者会見が行われた。
第二次世界大戦下のハワイを舞台に、戦争で引き裂かれた恋人同士の運命を描いた作品だが、日本軍の描き方や台詞について、国内マスコミでもいろいろな評価が出ている時期なので、会場の雰囲気もいつも以上に、緊張感がある記者会見となった。

  
(ジェリー・ブラッカイマー)
日本に戻ってこられた事を嬉しく思っています。前回来日したのは、「ハルマゲドン」のときでした。今回、こうして皆様とお会いできたことを嬉しく思っていますし、これからもまたお会いできればと思っています。「ハルマゲドン」と同じように「パール・ハーバー」も大ヒットしてくれることを願っております。

(マイケル・ベイ)
また日本に戻ってこれた事を嬉しく思っています。
日本の映画ファンの方々は私の映画作品をとても気に入っていただけているようなので、この作品も同じように皆様に観ていただければと思っています。

(ベン・アフレック)
本日はこの場に来てくださってありがとうございました。
この映画は61年前が舞台となっている、日本とアメリカの戦争映画です。
できるだけ、日本人のことを公平に描いているつもりです。
多くの方に観ていただきたいと思います。

(質問1)
今回の役を演じるに当たって、戦争を経験している方からアドバイスを受けましたか?

(ベン・アフレック)
今回の映画をやるに当たりまして、祖父に聞こうと思ったのですが、心に傷を負っていて心を閉ざすことがありました。
他の戦争を経験している方にも聞こうと思ったのですが、心に傷を受けていました。
自分が引き受けようと思ったのは、どれほど戦争が酷いものなのかを多くの方が言っていたので、この映画を通して「戦争は止めよう」ということを皆様に感じ取ってもらいたいと思ったからです。

(質問2)
「戦争映画ではなくて恋愛映画だ」と言われていますが、それなら何故、「パール・ハーバー」という戦争をイメージさせる題名にしたのですか?

(ジェリー・ブラッカイマー)
戦争の前は、真珠湾は美しい場所でした。ですからロマンスという要素があると思います。
アメリカでは「パールハーバー」と聞いても戦争と結びつける人はあまりいないと思います。
ロマンスの要素と恐ろしい戦争の要素の二つを持った言葉として「パール・ハーバー」としました。

(ベン・アフレック)
「パール・ハーバ」ーという題名の為に戦争のイメージが強いのだと思います。
三つの大陸を巻き込んで5000万人の人たちが、各国で実際亡くなっているわけです。「パール・ハーバー」という場所、「真珠湾攻撃」というのはほんの一部にしかすぎないと思っています。戦争の全てが「パール・ハーバー」ではないと思います。
当時のルーズベルト大統領が、日本に対して石油の輸出を禁じたことから、仕方なく日本は真珠湾に攻撃してきたと思います。

(質問3)
この作品を、今の時期に作った意味は何ですか?

(ジェリー・ブラッカイマー)
「パール・ハーバー」という場所でドラマチックなことをやろうということに私も監督も興奮しました。今年がパール・ハーバーへ日本が攻撃してから60年目だからということではなく、2年前にアイディアが出て、いいアイデアだと思ったからやろうということになったのです。

(ベン・アフレック)
それとまた、テクノロジーの進歩というのもありました。「トラ・トラ・トラ」を作ったのが30年前ですから、30年の間にテクノロジーが進歩しまして、現在は存在しない戦艦をどのように映画作品の中で描くか、また描くことが可能になったということもあったと思います。

(質問4)
日本での公開には変更した点があるそうですが、どのような点をどう変更したのか教えてください。

(ジェリー・ブラッカイマー)
まず第一に、私が今までに作った映画でそのような変更をしなかった映画というのは一つもないと思います。つまり、変更をするのが通常のやり方であるというのをご理解ください。
それから、例えば日付などでは12月7日が12月6日なったりという変更もあります。
あくまでも、エンターテイメントの高い作品ですので、文化的に、例えば侮辱になるような言葉は使いたくないと思いまして、多少変わっていますけども、もしもその編集されたものを編集前と比べてもなかなか違いが分からないくらいの違いだと思います。

 
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。