DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   
サテライト記者会見 
「ハリー・ポッターと賢者の石」「ハリー・ポッターと秘密の部屋」

2002年1月8日(火) 全日空ホテル

クリス・コロンバス監督、プロデューサーのデイビッド・ヘイマン
ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント

(写真をクリックすると拡大します) 
        
新年早々、ハリー・ポッターファンは大喜び!
ホグワーツ魔法学校のメインホールより、サテライト記者会見!

2002年1月8日(火)、日本時間の午後6:00〜6:30(イギリス時間では午前9:00〜9:30)にサテライト(衛星)記者会見が行われ、イギリス側からはクリス・コロンバス監督とプロデューサーのデイビッド・ヘイマン、そして子役のダニエル・ラドクリフエマ・ワトソンルパート・グリントが記者会見に臨んだ。日本側の記者会見場である全日空ホテルには大勢の記者やカメラマン、テレビクルーが集まり、相互の状況はテレビカメラで送られ、イギリスの模様を映し出す大型スクリーンを前にして質疑応答が行われた。サテライト(衛星)記者会見は、昨年6月に行われた「A.I」のスティーブン・スピルバーグ監督の衛星記者会見以来のこと。
イギリス側の記者会見場は、現在、次回作「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の撮影が行われている現場であり、「ハリー・ポッターと賢者の石」では何度も登場したホグワーツ魔法学校のメインホール
5名が座る椅子やテーブル、テーブルの上の果物、飲み物、クッキーなども「ハリー・ポッターと賢者の石」でスクリーンに登場したもの。 会見途中、「会見場はどこですか?」という日本からの質問に対して、監督の指示でTVカメラがぐるりと一回りして会見場を見せてくれるサービスもあり、ハリー・ポッターファンにはちょっと嬉しい記者会見となった。
子役の3人は日本語で「あけましておめでとうございます」と挨拶をし、日本の記者陣を驚かせた。
「日本に対するイメージは?」という質問に対して3名は口を揃えて「行ったことは無いが行って見たい国」と答え、「次回作の公開の時には是非日本に行きます」と語った。
次回作「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は今年11月30日に日本で公開される予定。
   

1page 2page

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」 DVDご購入はこちらから

アマゾン 購入画面へ
 
サテライト記者会見(全文紹介)
(司会者)
みなさまもよくご存知だと思いますが、「ハリー・ポッターと賢者の石」は、12月の1日に日本全国で公開されました。そして、もちろん大大ヒット。グイグイと日本記録を更新中です。
28日間で、何と100億円を突破という素晴らしい記録ですが、「まだまだ!」ということもあっての本日の会見となりました。
2002年のお正月映画ナンバー・ワンということは確かなのですが、一昨日の1月6日で上映日数は37日間になりました。そして、観客動員数が1144万人です。興行収入が142億円。
もっと凄いと思うのが、このワーナー映画なんですね。普通だったらこ「れだけ記録更新しているんだからそろそろ・・・」というのが今までの流れだったんですが、「いや、もっと宣伝したい!」「もっともっと動員数を伸ばしたい!」、つまり「『千と千尋の神隠し』の日本興行収入記録を絶対に破るんだ!」という情熱は尽きる事がありません。
今回の会見は東京と、第二作目の「ハリーポッターと秘密の部屋」のセットを結んで行います。
ロンドンの方ではちょうど朝の9時すぎです。
それでは、日本からハリーポッターのみなさんに挨拶をしましょうか。
こんにちは!

(全員)
(日本語で)こんにちは。あけましておめでとうございます。

(司会者)
それでは、日本のみなさんにご挨拶を頂きたいと思います。

(ダニエル・ラドクリフ)
(日本語で)あけましておめでとうございます。

(エマ・ワトソン)
(日本語で)あけましておめでとうございます。

(ルパート・グリント)
(日本語で)あけましておめでとうございます。

(クリス・コロンバス監督)
日本の皆様に、こうして映像を通じてご挨拶が出来るということはとても嬉しい事です。
みなさん、新年明けましておめでとうございます。

(プロデューサーのデイビッド・ヘイマン)
新年おめでとうございます。
私は日本に何度も行っていますが本当に大好きな国です。こういう機会をもうけていただけて、とても嬉しいです。ありがとうございます。

(質問1)
おこづかいが大分上がったのではないかと思いますが、おこづかいはどれくらい貰っていますか?

(ダニエル・ラドクリフ)
あんまり今はおこづかいを貰っていません。
レンタルビデオでお金を使っているくらいで、あとは必要ないからです。

(質問2)
日本に対してどのようなイメージをもっていますか?

(ダニエル・ラドクリフ)
行ったことはないけど、とても近未来的な国だと思っています。
是非、行って見たい国です。

(エマ・ワトソン)
日本について色々と勉強して、ハイテクの国だと聞いています。
私も是非、行ってみたいと思います。

(ルパート・グリント)
僕も一度も行ったことがないけど、クールな国だと聞いているので行ってみたいです。

(質問3)
二作目の撮影に入り、気持ちの上での成長など、気を付けている点を教えてください。

(ダニエル・ラドクリフ)
僕の役は一作目はとってもオブザーバー的な、まだまだ魔法の世界のことが何も分からない状態で、学校で周りの人たちを監察している立場でした。それが二作目では成長を遂げて、自発的に行動をするようになってきたと思います。

(エマ・ワトソン)
私の役は一作目ではとても威張り散らして男の子たちに嫌われていましたが、二作目ではフレンドリーになり、それほど威張らないで、もう少し好かれる役になってきています。

(ルパート・グリント)
二作目では僕の役は妹のジミーが入学してくるので、彼女の面倒を見るという役目があります。
また、かなり気持ち悪い虫が出てくるので、それが楽しみです。

(質問4)
日本で大ヒットしていることの感想と理由を教えてください。

(クリス・コロンバス監督)
まず要因に関しては本の大成功というのがあります。
しかし、それに加えて、この本の持っているテーマ(善や悪)などというものが非常に今の若者たちにたいしてアピールしていて、この物語から沢山の忠誠、友情、勇気などを学ぶことができます。
また、今の現実は非常に切ないので、何か魔法を信じたいという気持ちも人々の心の中にあるのではないかと思います。
そして、やはりここにいる三人が気が合った演技をしてくれたので、それも成功の要因になっていると思います。

(質問5)
ピームスというポルターガイストが今回は出てきませんでしたが、どうしてですか?

(クリス・コロンバス監督)
撮ったのですが、デザインが気に入らなかったので全部カットしてしまいました。
第二作目には必ず登場します。
私たち全員が気に入っているデザインになったので、二作目ではピームスのイタズラが見れます。
もう一、二年後にPPPの形などでもう一度公開されるときには入ると思います。
私もプロデューサーのデイビット・ヘイマンも原作のファンなので、できれば全部を入れたいんです。
でも、全部を入れると6時間になってしまうので無理だと思いますが、PPPではかなり増えていると思います。

 
 
    
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。