DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   

完成披露試写会 ファイナルファンタジー

2001年8月7日 有楽町・日劇東宝
坂口博信 監督
(写真をクリックすると拡大します)
 

「FINAL FANTASY」完成披露試写会
(司会者)
本日は「FINAL FANTASY」完成披露試写会にお越しくださいまして、誠にありがとうございます。
本作品は、東京、ホノルル、ハリウッドという太平洋をはさんだトライアングルで、世界の注目を集めながら進められてきた壮大なプロジェクトです。坂口博信監督のもとに、「タイタニック」や「マトリックス」を手掛けたクリエーターをはじめ、世界22カ国から160人を越えるスタッフがこのプロジェクトの意義と未来に惹かれて集結し、ついに完成した、映像の歴史を変える次世代のエンターテイメントです。
全米では7月17日に公開され、アメリカ映画で、製作・監督として日本人が携わった過去全ての作品の中で最大の公開規模、そして最高のオープニング成績を記録しました。
日本では、この秋、日本劇場他全国東宝洋画系にて全国公開となります。
本日は、この完成披露試写会に当たりまして、ハワイ・ホノルルスタジオから駆けつけました、坂口博信監督から一言、皆様にご挨拶をさせていただきます。
それでは、坂口監督お願い致します。

(坂口博信監督)
坂口博信です。なんだかとっても緊張してしまって・・・
3日程前にスイスのロカルノ映画祭にオープニング・ムービーで招いていただいて、その時は一万人くらいの方々がいらして、すごく気楽に行ったんですけども、突然壇上に立たされて、その時も緊張したんですけど、今日は日本で、なんて言うでしょうか、ロカルノでもすごく映画好きな映画ファンの方がいらしたのですが、今日は、それ以上に口うるさい方々が、というと失礼でしょうか、何人か知った顔もいるんですけど・・・また別の緊張をしています。
ロカルノでは、本当に不思議な思いをしまして。屋外で試写をするんですが、直前にもの凄い雷雨がやってまいりまして。本当に山に囲まれているせいでしょうか、雷がなると窓枠が振動するくらいの雷雨で。「これはもう(作品を)かけられないかな」と思ったんですけども、直前の30分か40分前でしょうか、突然雨が止みまして、からっと晴れて星空になりました。それから、約100分映画がかかったんですけども、最後にスタッフロールが流れ出したところで、もう一度空が光り出しまして、ポツポツ雨が降ってきたんです。本当に映画の間だけ晴れて。
こんなこと言うと、凄く迷信深い変な奴だと思われる方もいるでしょうけど、私、母親を亡くしていまして、母親が自分の側に来るときは必ず嵐になると信じているんです。そういう意味では、初めて今回の映画を母親が見に来たのかなとその時思いました。
直接は母親のことは、もちろんこの映画は語ってはいないんですけども、私個人としては、亡き母への思いというのを、最後のアキの横顔に希望の色が浮かんでいるような、最後の一瞬に込めたという気持ちがありまして。その後、ロカルノは晴れたり雨だったりで、多分お袋がこれを褒めてくれてるんだか、「なんだお前、不出来じゃないか!」って怒っているのかちょっとよく分からないような天気だったんですが、まぁ、自分としてはスイスで一緒に見れて良かったなと思って。すみません、映画とは直接は関係ないのですけども。
この映画は200人くらい、音も合わせますと300人か400人くらいのスタッフがかかっています。
決して自分自身、たった一人ではできないことですし、逆に最初に自分が思い描いていた映画の、あるシーン、或いはある場所の音を、いろんな意味で、スタッフが命をかけて魂を込めてくれた作品になっています。
一作目ですし、まだまだ未熟なところもあるんですけども、そういった魂を込めた部分を感じていただけたらなと思います。
すみません、まとまりませんが挨拶とさせていただきます。

(司会者)
どうもありがとうございました。

  
  
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。