DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   

舞台挨拶 「バトル・ロワイアル 特別篇」 緊急試写会

2001年3月29日 丸の内東映にて 19:30より
深作欣二監督、”15歳”と懇談会
(写真をクリックすると拡大します)
1page 2page 3page

3月29日・丸の内東映の「バトル・ロワイヤル」緊急試写会後、深作監督は、卒業証書持参で「緊急試写会」へ参加した、3月に中学を卒業したばかりの”15歳”のファン達と懇談会を行った。”15歳”のファン達は、今、見終わったばかりの「バトル・ロワイヤル特別篇」についての感想や質問を投げかけ、監督も独特の語りかけで、映画について、監督自身が15歳だった時の戦争体験、R-15について、熱く語った。


(Aさんの感想)
私は中二の時に「バトルロワイヤル」の原作を一度読んだんのですが、中二ということもあって、漠然とした絵だけが頭にうかびました。中三になってもう一回読んだら、一年で絵が変わりました。
一度目は見なかったのですが、(今回の特別篇を見て)こういう絵なんだなってはっきりと分かりました。

(深作監督)
映画というのはね、幾通りもあるからね作り方は。だから人によって違うわけ。同じ原作でも、或いは同じ脚本に基づいても、同じキャスティングでやっても、十人監督がいたら十個の別の映画ができちゃうってものだから。皆それぞれ、イメージってそういうもんだよね。


(B君の質問)
沢山ある小説の中から、どうして「バトルロワイヤル」を選んだのですか?

(深作監督)
やっぱり、原作が十五歳を扱っていること。そして又、今一番社会問題となっているのは十五歳からスタートはじめた少年達の、現実に起こるいろんな殺人事件とかっていうのは関連があるはな、十五歳と。
そして、俺にもあるわけよ。俺が十五歳の時、太平洋戦争が終って、日本という国がひっくり返っちゃたわけ。それで、大人との断絶というのもその時初めて体験した。
大勢友達が戦争で死んだ。爆撃を一方的に受けて死んでいったということも同じ時だった。そうすると、俺が十五歳のときの体験というのは、皆のお父さんの世代も知らない、そういう戦争はね。
だから僕には原作を読んだり、このごろ簡単に今の十五歳は人を殺すということに対して、はたして簡単かどうか分からない。
俺は俺なりに自分の十五歳の体験を思い起こすと、そう簡単でもなくて、でもあきらかに繋がっている部分もあって、だから俺にはこの素材をとって諸君ら十五歳の若い人達と向き合う事ができる。それから又、十五・六歳の若い俳優さん達とも一緒に仕事をすることができるという風に思った。だから、この素材を選んだ。
皆の支持を受けるようになるかどうかというのは全く分からない。幸いにして、こういうふうに(支持を受けることに)なった。それを俺は嬉しく思っている。


(C君の質問)
先生の映画は「仁義なき戦い」とか、ロクな死に方をする人が少ないじゃないですか・・・

(深作監督)
ああ。それはやっぱり、ロクな死に方をしないのが戦争であり、戦争というものは、戦時中に起こるものだけではなく、生存競争の中でも、やっぱり死に方というのは非常に悲惨なものだし、かっこよく死ぬということは全くありえない。死ぬということは大変なことなのさ。
そういうことの痛みみたいなものが、俺の十五歳の体験としてあった。それは知って欲しいと思うし、そうそうかっこよくはいかんぞということを描きたかった。だから、この映画に限らず、無様(ぶざま)に死ぬ映画が多い事は確かだ。それは俺の経験からだな。


(D君の質問)
リアルな残酷なシーンとか心に残るシーンとか全然違うんですけど、そういうのは考えているんですか?

(深作監督)
残り方は千差万別だろ。つまり十人いたら十人の感じ方は違うと思うんだよね。俺が「ここは、こう感じてくれるだろう」といってもそうはいかない。あれだけ大勢の人間が出てくると。だから、おそらくあなたが心に残るシーン、感動したシーン、ああここ嫌だなぁ、嫌いだなぁというシーン、いろいろあると思うけど、それはそれで当然のことで、当然だなと思いながら撮ってはいる。
だけど、そこから先はいろいろ違うだろうな。あなたと俺とは違うしさ、あなたと友達でも違うだろうしさ。それが人間であり、そういうものが大勢集まって議論しあったり、おかしいと思ったことを色々直そうと努力したり。そういうことが人生だし。そういうことは親子の間にもあるよね。そういう話し合いを「これはどうせ分からないから」と諦めないで、やっぱりもっと話す必要があるんじゃないかな。難しいけどね。俺もそんなこと言っても十五歳の時は親と話なんかしなかったけどね。皆には話して欲しいし、映画を作って皆に見てもらうだけでも、それだけでもこれだけの騒ぎ(去年の暮の)になるわけだから。

「バトル・ロワイアル 特別篇」のDVDは「マジックユーザー」で10%OFFでご購入頂けます。 こちらをクリックしてください。
マジックユーザーは「DVD映画ポータル」のオフィシャルショップです。
舞台挨拶はこちらからご覧ください
2000/10/30 シアターコクーンにて
(第13回東京国際映画祭特別招待作品)
     
「バトル・ロワイヤル」 オフィシャルWEBSITE
 
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。